« オニウシ公園(森町) | トップページ | 「ロートレックとモンマルトル展」 »

2005.05.12

おたる水族館(小樽市)

 日帰りで北海道有数の観光地として名高い小樽へ行って来ました。
 実は、北海道に来てから小樽へ行くのは初めてだったりします。もっと遠くの北竜や富良野なんかには行っていたのに、不思議なことにそれより近い小樽へはナゼかドライブにも行ったことはなかったのでした。
 わたしが前に小樽に訪れたのは、1992年の3月のことですから、実に13年ぶりの小樽です。
 13年前には、小樽運河沿いを歩き、北一硝子や小樽オルゴール堂、小樽市博物館・文学館・ヴェネツィア美術館などを歩いて見て回りました。今回の小樽行きでちょっとだけ街の中を車で走ってみた感じでは、わたしが訪れた13年前
とは随分と違っていて、ビックリしました。いい意味でも悪い意味でも観光地化した気がしました。
 今回は日帰りで出かけたので、観光スポットは回りきれないだろうということで、それは次回のお楽しみということにして、昼ご飯を食べた後、今回のメインはおたる水族館にすることにしました。

おたる水族館外観
 おたる水族館は、市街地から7kmほど行った海のすぐそばにあります。
 わたしは、秋田出身のせいか、どうも水族館というと昔の男鹿水族館が真っ先に思い出されますが、そこと比べると、少し広いくらいか同じくらいかしら?と入口を見て思いました。

おたる水族館中
 水槽の写真。
 暗いのと、魚が泳いでいてる(当たり前だけど)ので、なかなかうまく撮れません。

はりせんぼん
 ハリセンボン。
 こういうの、好きな人には堪らないかも?(謎)
 もうちょっとアップは、こっちにもアップされています^m^

いるかショー
 水族館と言ったら、いるかショー!
 ってことで、お約束のいるかショーです。
 どちらかというと、プールは小さめかしら?
 一昨年、青森の浅虫水族館で見たいるかショーの方が大きい会場だったような気がします。
 でも、ココのいるかは、よく鳴く陽気ないるか達でした。

ペンギンプール
 ペンギンプールのペンギンたちです。あまり泳いでいなくて、みんな陸にいます。
 この後、ペンギンショーもあったのですが、ペンギン達、全然飼育係のお兄さんの言うことを聞かなくて、マイペース(笑)
 それはそれで、飼育係のお兄さんがぼやき系お笑い芸人のようで笑いを誘っていました。わたしは、ショーの間中爆笑してました。妙にツボにハマったんですよね~。

飛び込めないペンギン
 このペンギン君は、ずっと水に飛び込もうとしていたのですが、結局決心がつかなかったらしく、最後まで水に入る姿を見ることが出来ませんでした(汗)
 その「水に入ろうかな~でも、怖いな~でも、水に入りたいな~~」と延々と悩んでいる様が妙に伝わってきて、見ている人たちは思わず後ろから背中を押して(突き落として?)あげたい気分になっていたようです。

 北海道に来てから、水族館に行ったのは初めてでしたが、結構楽しかったです。
 函館にも水族館があったらいいのになぁとは思いました。函館の重要な産業は、観光と漁業だというのに、水族館がないのも物足りない気がします。実際に建設計画はあるようですが、赤字前提での計画らしく、反対する人も多いようです。お金をかけて建てることは簡単なことですが、立派な施設よりも気軽に地元の人が訪れることの出来る施設にして欲しいなぁと、今回おたる水族館に行ってみて思いました。
 入館料大人1300円っていうのは、少し高いかなぁと思いました。他の水族館がどういう値段設定になっているかは分からないけれど、今まで行った中ではやっぱり高いほうなのかなと感じました。採算ラインからこの値段なのかもしれないと思うのですが。。。ただ、ご家族連れで行くと、大人2小学生2の場合、入場料だけで約3700円ほどかかってしまいますから、そのくらいの値段だと、気軽に行ける施設ではなくなってしまうような気がします。それに1日最低600円の駐車料金もかかるとなると・・・。学校団体割引があるのだから、せめてファミリー割引とかがあるといいのにな~と思いました。

ウィングベイ小樽大観覧車
 小樽水族館からまっすぐ対岸の南小樽の辺りに観覧車を見つけて、乗りたくなってしまったので、お茶してから、最後にわざわざ観覧車に乗りに行ってしまいました。一周600円也。

« オニウシ公園(森町) | トップページ | 「ロートレックとモンマルトル展」 »

HOKKAIDO(北海道)」カテゴリの記事

コメント

れっこさん、こんにちは。
先ほどはブログにコメントを残してくださってありがとうございます。
小樽に行かれたのですね。もともと札幌の人間なので小樽は近いのですが、とにかく混んでるっていうイメージがあってしばらく行ってないですね。あ、小樽水族館の入り口の人形久々みましたけど変わらないんだわー。

函館にも水族館ができるといいですね。こんなに海が近い街なのに水族館がないのが、すごく不思議でした。
計画はあるみたいですけどね。もし水族館ができたなら、れっこ%E

ゴメンナサイ。途中できれてしまいました。れっこさんのいうとおり家族連れでも気軽に行ける値段設定にしてほしいですよね。

>はこ さん
いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

函館にはちゃんとした遊園地もないんですよね(汗)
みなさん、ルスツとかまで遊びに行っちゃうんでしょうね。
家族みんなで楽しめる水族館があれば、地元の方は喜ぶ方もいらっしゃるような気もするんですよね。
函館はどこにいってもイカをキャラクターにしているんだから、
「イカ」をメインにした水族館になればいいのにっなんて個人的には思ってたりします(笑)
札幌だと「サケ」をメインにしてるところがあるし、やっぱり函館はイカですよね^m^
あ、でも、せっかくだから新・函館市としては「昆布」と「ごっこ」も必要かも。
イカがいっぱいいる大水槽に水中トンネルとか、いいなぁと思うんですけどね~。

れっこさん、こんばんは。日帰りで小樽いっちゃうなんてすごいです!
小樽水族館、しばらくいってないです。今年の夏でもいってみたくなりました。

図書室の方、お邪魔したら、またまた気になる本がたくさんありました。最近は、なかなか本をゆっくり読む時間がなくって・・・。

>みみまま さん
日帰りで小樽は、ウチでは許容範囲ですね~、今のところ。
北海道に来てからは片道300kmくらいまでは日帰り圏になってるような・・・(汗)

図書室も書かなくちゃいけない本がいっぱいあるのに、なかなか書く時間がなくて、進みません(/_;)
こっちの日記にも書きたいことがいっぱいあるのに、時間が追いつかなくて、最近は全然更新できなくて。
とりあえず3つくらい溜まっているテーマを書いてしまいたいのですが。
もっと時間が欲しい今日この頃です。

またきちゃいました!れっこさんところはそれぞれが充実しているので、本当に楽しみなのです。
時間があるときにいっぱい更新してください。
待ってます!
本当に、時間もっとほしいですよね。
私は、時間の使い方が悪いだけなのでしょうけど。

れっこさん、こんばんは。
いつも、お世話になってます。
小樽水族館に行ってきたんですね。
ネズミイルカ、ご覧になりましたか? 魚の水槽と同じ建物の中に入っている、芸をしない地味なイルカです。
実は、私達が網の中から救ったイルカ達なんですよ。

あ、ところで、小樽水族館の料金ですが、普通か、少し安めじゃないですか。例えば、登別の水族館ニクスは2300円ですね。

函館の計画は600円でしたっけ?

時間が足りなくて涙涙の毎日のσ(^^;)です。。。
レス亀亀ですみません

>みみまま さん
もう少ししたら、今の生活に慣れて、時間の使い方もうまくなるのかな~と。
とりあえず今書こうと思っている記事が既に3つ程溜まってしまったし、
本のこととかシュミのこととか色々書きたいのだけど、書く時間がゆっくり取れなくて(涙)
この日記もナントカしないと(汗)
その前にkitchenのブログ開設1周年が来るので、
遅れてる分を何とか取り戻したいんですが~。
どこまで頑張れるか怪しいですが、とりあえず頑張ります。
本当に時間、もう少し欲しいです。
でも、その分早く年取りそうでコワイですけどね(笑)

>函館コンシェルジェ さん
コメントありがとうございます。
ネズミイルカ、もちろん見てきましたよ!
水族館の中でもイルカとペンギンが好きで、長い時間眺めてました。
昔、東北に住んでいた頃、北海道に船で渡ってきた時に、
津軽海峡でわたしたちが乗っている船をイルカたちが追っかけてきたことが今でも忘れられません。
函館はイカの街ですし、FMの名前がイルカだとか、
地元にちなんだ海の生き物たちがアピールされた函館らしい水族館になるといいですね~。

>あ、ところで、小樽水族館の料金ですが、普通か、少し安めじゃないですか。
わたし、秋田や青森で水族館に行った時の入館料と比べて、高いかなと思っていたのかもしれません。
もう少し安かったような気がしたものですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おたる水族館(小樽市):

« オニウシ公園(森町) | トップページ | 「ロートレックとモンマルトル展」 »

フォト

Your access number ↓↓↓

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

Manhole People

無料ブログはココログ